石原さとみの歯&口元を昔と今の出演作品で比較!歯列矯正やインプラントはしているの?

女優

ホリプロスカウトキャラバン「ピュアガール2002」で、グランプリに輝いた石原さとみさんは今では日本を代表する人気女優さんです。

石原さとみさんの芸名は、「自らは原石である」という意味で「原石」を逆さまにして「石原」と名付けたそうです。

石原さんはメイクにこだわりがあり、舞台やドラマはなるべく自分でメイクしています。

旅行が好きで仕事の合間を縫って、海外旅行へ行っており英語が得意なのは有名です。

そんな人気女優の石原さとみですが、昔と今を出演作品で比べた口元と歯を解説していきます。

石原さとみの昔の出演映画&ドラマでの歯&口元

あまり知られていませんが、石原さとみでデビューする以前は石神国子の芸名で、芸能活動をしていて2本の映画に出ています。

こちらの画像は16歳頃で、とっても初々しくかわいらしい石原さんです。

歯並びがキレイで歯も白い石原さんですが、上の歯全体が少し内側に傾いている感じがします。

しかし上の歯が大きく下の歯に被さったり、歯がガタガタしていないので噛み合わせの悪さは見られません。

画像を見るとかわいいですが、今の石原さんに比べると随分違っても見えます。

石原さとみさんは年を重ねるごとにキレイさが増して、今では垢ぬけた感じがします。

映画『わたしのグランパ』での歯と口元

石原さとみ名義での初出演は、2003年に公開された映画「わたしのグランパ」です。

この時に石原さんは、報知映画賞新人賞を受賞しています。

口元を画像からみてみると、歯並びがとても良くてキレイに並んでいます。

画像から見える範囲では、銀歯や歯が汚い所はなく、て歯の大きさも少し小ぶりで上品に見えます。

口角もキュッと上がっていて、歯が見えるバランスも良くスマイルラインも素敵です。

ドラマ『きみはペット』での歯と口元

2003年に放送されたドラマ「きみはペット」に出演した石原さとみさんですが、笑顔がとっても素敵です。

歯並びがキレイなので、歯がしっかり見える笑顔がとっても似合いますね。

石原さとみさんは昔から、歯並びがキレイだった事が分かるので芸能人になってから途中で歯の矯正をしたり、セラミック矯正をした感じは見られません。

歯の色もキレイで幼いころから、歯のお手入れをしてキレイさを保ってきた可能性があります。

ご両親も幼いころから石原さとみさんの歯に、気を使って大切にしてきたのだと思われます。

若い時の画像から見ても、銀歯や被せ物がなく清潔感がある素敵な歯と口元です。

石原さとみの最近の出演映画&ドラマでの歯&口元

石原さとみさんの最近の画像を見てみると、昔と歯並びのキレイさは変わっていません。

歯の色はとてもきれいで、白い歯と笑顔がとても素敵です。

多くの人がステインが付く、お茶・コーヒー・ワインを飲んだりするので、どんなにキレイに歯を磨いても歯が汚れてしまい黄ばんでしまいます。

石原さとみさんは白い歯をずっとキープしているので、普段から歯の定期検診を受けてクリーニングをしたり、歯の色が気になってきたらホワイトニングをしていると思います。

近年はホワイトニングをエステ感覚で気軽に行って、歯のキレイさを保つ人が増えていて決して特別な事ではありません。

黄色人種の日本人は、歯の色が黄ばみかかった白色をしているので、色を気にする人が多くいます。

そのため、ホワイトニングをする人の人口も増えているんです。

ホワイトニングをしてキレイになった歯は、期間が経てば後戻りしてしまうので、定期的に受ける事で歯の白さを保つことができます。

石原さんは「世界で最も美しい顔100人」に5回もランクインしているので、美意識も高く普段から自分磨きを心がけていると思います。

そんな石原さんは歯に対しても美意識が高いはずで、これだけキレイな歯をキープしているのは本人の努力だと思われます。

映画『決算! 忠臣蔵』での歯と口元

お着物の画像ではありませんが、映画「決算!忠臣蔵」の公開挨拶での石原さとみさんです。

2019年に公開された映画ですが、キャストが豪華なのも有名です。

着物姿が良く似合う石原さんですが、歯のキレイさも着物に似合いとても素敵です。

実は昔の人は今のように柔らかいのではなく、硬い物を食べてきたので歯並びがキレイな人ばかりです。

実際に今のお年寄りをみてみても、歯並びが悪い人はあまりいません。

ただ予防歯科が普及していない時代の人なので、歯周病や虫歯で歯を失う人が多くいます。

着物は歯並びが悪いと上品に見えないので、石原さとみさんのように歯並びがキレイな人にはぴったりな役だとおもいます。

ドラマ『Heaven? ご苦楽レストラン』の歯と口元

2019年に放送されたドラマ「Heaven?ご苦楽レストラン」で、石原さとみさんは主演を務めています。

主題歌はあいみょんで、歌もドラマも人気でした。

この頃の石原さとみさんは、以前よりも大人の魅力が増して上品さがあります。

大人の魅力がある石原さとみさんに、白い歯がぴったりで美人さが更に際立ちます。

やはり美人の条件には白い歯と、きれいな歯並びが必須だと思います。

石原さんは日頃から美意識が高いので、その意識が歯のキレイさを保っているのでしょう。

まさに多くの女性の、理想と憧れな口元の石原さとみさんです。

石原さとみの歯並びや歯の色、現在と過去での違いは?

石原さとみさんの過去の画像と現在の画像を比べてみましたが、ほとんど変わりはありません。

変わりがあるとしたら、歯の色が白くキレイになっている気がします。

歯茎や歯をよく見ても違和感や不自然さはないので、石原さとみさんの歯は天然で全て自分の歯だと思います。

芸能人は過去と比べると、歯並びや歯が変化している事が多いですが、石原さんの場合は昔も今も変わらず歯がキレイなので珍しいかもしれません。

これには幼いころからの歯の手入れが、今に繋がっていると言えます。

歯が内向き?

石原さとみさんの歯はよく見ると、上の歯が内側に傾いています。

ガタガタし歯並びが悪いわけではないので、内向きでも歯並びがきれいに見えます。

しかし年を取ると口元の張りが無くなり、歯も内向きなので口元にしわが出来やすいかもしれません。

いつもの画像では歯が内向きなのが分かりませんが、この画像のように歯茎まで見える笑顔だと、上の歯全体がが内向きなのが良く分かります。

しかし噛み合わせの悪さや、虫歯や歯周病も見られないので、歯が内向きでも問題はないでしょう。

石原さとみはインプラントや歯列矯正はしているのか?

石原さとみさんの場合、デビュー当時から歯並びが良く完成していました。

芸能界に入ってからは、歯の矯正をしていませんが歯並びがとてもキレイなので、もしかしたら小学校~中学校にかけて歯の矯正した可能性はあります。

もし歯列矯正をしていたとしたら、噛み合わせもよくて歯が長持ちします。

歯列矯正は見た目が良くなる事はもちろんですが、歯がキレイに並ぶ事で歯が磨きやすくなり歯周病や虫歯から歯を守ります。

噛み合わせのバランスが良くなる事で、一部の歯に大きな負担がかかる事なく歳をとっても、自分の歯で美味しく食事ができます。

その結果、歯が長持ちして体全体の健康へと繋がります。

石原さとみさんがいつもキレイで、TVで活躍しているのは歯が健康だからかもしれません。

どんどんキレイになる石原さとみさんですから、これからの活躍もとっても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました