長澤まさみの歯&口元を昔と今の出演作品で比較!歯列矯正やインプラントはしているの?

女優

数々の映画やドラマで人気の、長澤まさみさんは現在32歳で芸能生活23年のベテラン女優です。

出身は静岡県磐田市で父は元サッカーの日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督も務めた有名な方です。

長澤まさみのお父さんの教え子には、石崎信弘や中山雅氏とサッカー界で有名な方々がいます。

芸能人で有名な堀越高等学園卒業で、目標とする女優さんは松たか子だそうです。

長澤まさみさんは鈴木杏さんと、高校の同級生でもあり仲が良いそうです。

他には柴咲コウさんや、綾瀬はるかさん、と交友関係があるそうです。

そんな人気女優の長澤まさみさんですが、昔と今を比較してみると歯並びに変化があるようです。

今回は長澤まさみさん口元と歯がどのように昔と違うか、また矯正やインプラントはしているかを解説しています。

長澤まさみの昔の出演映画&ドラマでの歯&口元

長澤まさみさんは1999年に東宝「シンデレラオーディション」に応募し、12歳の最年少でグランプリを獲得して芸能界入りを果たしました。

輝かしい芸能界デビューで、同年に映画出演しています。

その後は中高生の人気雑誌「ピチレモン」の専属モデルになり、2000年にドラマデビューしています。

当時の長澤まさみさんの昔の画像を見ると、上の前歯がガタガタしていて歯並びが悪いのが分かります。

側切歯(真ん中から2番目の歯)は黄ばみがかっていて、歯の色も若干気になります。

12歳の頃はまだ歯の矯正などはしていなく、歯並びが悪いままの長澤まさみさんです。

映画『タッチ』での歯と口元

2005年に映画「タッチ」で、浅倉南役を演じています。

画像からも分かるように、ナチュラルでかわいい長澤まさみさんのですから、南ちゃん役が本当にぴったりです。

この時の歯並びは、とてもキレイに並んでいるように見えます。

デビューした1999年は歯並びが悪かったので、2005年にタッチの映画に出演する前に矯正したのでしょう。

期間は5年あるので、もし一般的な歯を動かす矯正をしても十分に終わります。

長澤さんの場合、矯正器具を歯に付けている期間を見ていないので、セラミック矯正か歯の裏側に矯正器具を付ける「舌側矯正」をした可能性があります。

歯がとても自然で天然歯に見えるので、舌側矯正した可能性が高いですがセラミック矯正も否定できません。

連続テレビ小説『さくら』での歯と口元

2002年にNHKで放送された連続テレビ小説「さくら」に、長澤まさみさんは出演しています。

この時長澤さんは15歳で、素朴でとってもかわいらしいです。

この時の歯並びですが、デビュー当時よりは歯並びが良くなっている気がします。

ただ完ぺきにキレイに並んではいなくて、少し側切歯が引っ込んでいるようにも見えます。

矯正の途中なのかデビューの時よりも、少しずつですが歯並びが良くなっている変化を感じます。

長澤まさみの最近の出演ドラマでの歯&口元

長澤まさみさんはデビューしてから、なんと40以上のドラマに出演しているとんです。

CMや映画にも沢山出ているので、本当に人気があるのが分かります。

最近のドラマでの長澤まさみさんの歯ですが、歯並びと歯の色はとてもキレイでん女優として魅力的です。

スタイルも抜群で顔もかわいらしく、性格も良さそうな長澤さんは親しみやすさもあり人気があるのでしょう。

長澤まさみさんは、現在はとってもキレイな歯をしていますから彼女の魅力の一つと言っても良いでしょう。

いつ見ても歯がキレイな長澤まさみさんですが、これだけのキレイな歯をキープしているのは本人が努力しているからだと思います。

歯科検診には欠かさず行って、定期的に歯のホワイトニングをしているんだと思います。

長澤まさみさんのように美意識の高い方は、歯に対しても意識が高い方が多いのです。

女優として成功し人気があるのも、この完ぺきな口元と歯のお陰だと思います。

芸能人の中には歯を白くしすぎたり、早くキレイに歯並びを治すためセラミック矯正をして異常に被せた歯が白くて不自然な方沢山います。

TVで見ても「偽物の被せた歯!」と直ぐにわかり、キレイには見えません。

長澤まさみさんの歯はとっても自然で、心からキレイで憧れる歯と思えます。

『コンフィデンスマンJP』での歯と口元

2018年に放送されたドラマ「コンフィデンスマンJP」で、長澤まさみさんは天才詐欺師役で主演を務めています。

この時の長澤まさみさんの歯並びは、今と変わらずキレイで女優さんとして完ぺきです。

自然な歯の色の白さも、長澤まさみさを更にキレイに見せている気がします。

以前はかわいらしいイメージでしたが、近年は大人の女性としての色気やフェミニンさもあり益々キレイになっています。

そんな長澤まさみさんに、今のキレイな歯並びと歯の色はぴったりです。

実際に長澤まさみさんの歯並びに憧れて、歯の矯正やホワイトニングをする方もいるそうです。

ドラマ『君に捧げるエンブレム』の歯と口元

2017年のドラマ「君に捧げるエンブレム」ですが、車いすバスケットボール選手を櫻井翔さん演じその婚約者役を長澤まさみさんが演じています。

その時の長澤まさみさんの画像ですが、歯並びも歯の色もとてもキレイで本当に口元美人です。

笑った時に唇から見える歯のバランスもとても良くて、笑顔が素敵な長澤さんです。

そんな笑顔が素敵な長澤まさみさんは「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2007」を、日本歯科医師会から受賞されています。

歯科関係者もキレイと認めた素敵な笑顔は、笑た時に白い歯とキレイな歯並びがバランスよく見えて本当に素敵です。

唇の口角の上がり具合も良く、パーフェクトな笑顔です。

長澤まさみの歯並びや歯の色は?

デビュー当時の12歳頃の長澤まさみさんの歯並びは、上の前歯がガタガタしていていましたが徐々にキレイになり、今では文句の付け所が1つもないキレイな歯並びです。

また歯の色も清潔感があり、自然な白さで憧れます。

自然なキレイさが、長澤まさみさんの歯の、魅力なんだと思います。

こちらの画像は下の歯もしっかり見えていて、上の歯並びだけではなく下の歯並びもキレイなのが確認できます。

矯正をする場合に歯が顎に納まりきらず歯並びがガタガタな場合は、4番目の歯を抜く便宜抜歯を行い抜いたスペースを利用して歯を並べる方法があります。

画像からは長澤まさみさんの、4番目の歯がないようにも見えます。

断定はできませんが、抜歯して歯列矯正した可能性も見られます。

そうだとすればセラミック矯正をするよりも自分の歯を守れて、噛み合わせも良くなり歯の健康を手に入れられます。

歯の寿命や健康を考えれば、歯を動かす歯列矯正は期間はかかりますがお勧めな方法です。

長澤まさみはインプラントや歯列矯正はしているのか?

画像で見る限り長澤まさみさんは、セラミック矯正はしないで一般的な歯の矯正をしたのだと思います。

笑った時に見えている歯がとても自然で、天然歯に見えるからです。

これだけ自然に見える歯ですから、分からないうちに歯の裏側に装置を付ける「舌側矯正」をしたのかもしれません。

歯並びのバランスが良くて、歯もとても健康的に見えます。

これだけキレイな歯ですから、インプラントもしていなく自分の歯が全て揃っているのだと思います。

見本となるほどキレイな歯並びをしている長澤さんですから、これからも女優として人気でいる事は間違いないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました