佐藤健の歯&口元を昔と今の出演作品で比較!歯列矯正やインプラントはしているの?

俳優

イケメン俳優の代表と言える佐藤健さんですが、高校2年の時に原宿でスカウトされ芸能会デビューをしています。

小学校時代には野球に熱中し、少林寺拳法では黒帯を取得しているスポーツマンでもあります。

実家では2匹ネコを飼っていて、猫好きと言うかわいらしい面もあるんです。

自分にとってのヒーローは「江戸川コナン」と明言しており、大の名探偵コナンファンです。

では、映画にドラマと20作品以上出演している人気俳優の佐藤健さんですが、昔と今では口元と歯がどのように変化しているのか、出演作品と共に比較して解説していきます。

佐藤健の昔の出演ドラマでの歯&口元

佐藤健さんのドラマデビューは、17歳の時で2006年6月に放送された「プリンセス・プリンセスD」で準主演を務めた事です。

仮面ライダーがデビュー作と思っている方が多くいますが、実は仮面ライダーの1年前にこのドラマでデビューを果たしています。

「プリンセス・プリンセスD」」はボーイズラブの漫画をドラマ化したもので、佐藤健さんの女装姿が衝撃的です。

しかし美形な顔立ちの佐藤健さんですから、何だか様になっている気もします。

そしてもう一つ驚きなのが、このドラマ斎藤工さんも出演しているのです。

さて当時の佐藤健さんの歯ですが、画像からは歯並びが悪く見えます。

前歯が凸凹しており、外側に傾斜しているのがよく分かるでしょう。

上の側切歯(中央から2番目の歯)も少し回転気味の向きで、出っ歯気味にも見えます。

デビュー当時の佐藤健さんは、決してキレイな歯と歯並びとは言えない事が画像から分かります。

ドラマ『仮面ライダー電王』での歯と口元

2007年1月28日から役1年間放送された「仮面ライダー電王」で、佐藤健さんは映画デビューも果たしています。

ブレイクダンスが得意な佐藤健さんは、仮面ライダー電王でも見事なダンスを披露しています。

そんな佐藤健さんですが、この頃の画像を見るとまだ前歯が出ているのが目立つ歯並びです。

正面から見ると特に、上の中央前歯2本が目立って出ているのが分かります。

俳優さんとしては歯並びが悪いですが、仮面ライダーの1年間の連続ドラマと映画も4本出演しているので、忙しくて歯を矯正したり治す時間が無かったのかもしれません。

ドラマ『ROOKIES』での歯と口元

2008年のヒットドラマ「ROOKIES」では、佐藤健さんはヒップホップ好きなドレッドの役柄を演じました。

野球漫画をドラマ化したもので、運動神経が良く野球経験者の佐藤健さんにはぴったりのドラマです。

見た目は個性的ですが、役柄は落ち着いた少しクールな感じでドレッドヘアも、良く似合っていてかっこ良かったです。

画像を見る限りでは、デビュー当時よりも歯が白くキレイに並んでいるように見えます。

色もキレイで矯正装置を付けている期間が見られなかったので、セラミック矯正をした可能性が高いです。

佐藤健の最近の出演ドラマでの歯&口元

最近のドラマに出演している佐藤健さんですが、歯並びがキレイで歯の白さも自然です。

極端に歯を白くする芸能人いますが、佐藤健さんの場合は周りの歯と調和するように自然なセラミックを被せたので、いつ頃に歯を治した分からないくらい自然な仕上がりです。

セラミックの素材も高額な物になると、天然歯と区別がつかないほど自然です。

素人がみれば、天然歯かセラミックか全く分かりません。

佐藤健さんは高額なセラミック矯正をして、腕の良い先生に治してもらったのだと思います。

佐藤健さんは人気俳優ですから、歯を治したお陰でイケメン度が増して、更に人気が出たのだと思います。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』での歯と口元

土屋太鳳さんとのW主演映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は、、岡山県に暮らすカップルの実話を元にした感動の映画です。

短髪の佐藤健さんが、なんとも爽やかで素敵な画像です。

歯を見てみるとすごくキレイに歯が並んでいるわけではありませんが、前歯4本をセラミックで治した感じが見られます。

色が少し4本だけ違いますし、犬歯は少し飛び出して見えます。

大々的に全体を治さず、気になっていた前歯だけセラミック矯正をしたのでしょう。

デビュー当時よりは歯並びがキレイになっているので、元々イケメンだった佐藤健さんが更に完ぺきなイケメンになった気がします。

ドラマ『義母と娘のブルース』での歯と口元

2018年7月~9月に放送された「義母と娘のブルース」ですが、ネット上で演技力が評価されていて、俳優としての実力も素晴らしくドラマも人気でした。

この頃の佐藤健さんの口元は、白くキレイな歯並びです。

少し上の犬歯の並びが前に出ているように感じますが、歯並びをセラミック矯正で治しているので、見ていて目立って気になる感じはありません。

やはり俳優として人気がありTVにも沢山出演するので、本人も事務所側も歯並びが気になって治したのだと思います。

イケメン俳優で歯並びがガタガタな人はいないので、やはり「芸能人は歯が命」と言うだけあって、口元の印象はとっても大事なんだなと思いました。

佐藤健の歯並びや歯の色は?

歯並びを治す前の佐藤健さんの歯並びは、上の前歯がガタガタでとても目立ってしまいます。

小顔な佐藤健さんですが、顎に比べて歯が大きい感じがします。

歯が収まりきらず飛び出して、ガタガタな歯並びになったのでしょう。

そして歯並びを治した後も、全体的に歯並びが外側に傾いています。

色はデビュー当時は黄ばんで汚い感じはなかったように思いますが、歯並びを治した現在の方が白くキレイになっています。

セラミック矯正は、元ある自分の歯を削って被せ物をするので、歯並びと共に歯の色も自分の理想に出来るメリットがあります。

佐藤健さんは人気俳優ですから、歯の色もキレイに治したのでしょう。

他の全体の歯と調和の取れた色なので、もしかしたらセラミックが被っていない天然歯は、、ホワイトニングしているのかもしれません。

佐藤健は歯列矯正をしている?

佐藤健さんは画像からも分かるように、昔はこんなに歯並びが悪かったので、歯列矯正をして歯並びを治しています。

現在と比べると歯並びがキレイになっていて、矯正器具が装着している姿が無かったので、セラミック矯正をしたのでしょう。

気になる前歯の色と形を治して、口元の印象をがらりと変えています。

やっぱり並びが良い佐藤健さんの方が素敵で、ドラマや映画の役柄もガタガタなは歯だと印象が悪くなってしまいます。

爽やかな役も汚らしく映り、クールな役も決まりません。

俳優として人気が出るには、キレイな歯並びと歯の色が必要なのですね。

佐藤健はインプラントはしているのか?

画像からは奥歯まで見えないので、断言できませんが佐藤健さんは歯並びが悪かっただけで、歯の欠損は無いように見えます。

インプラントは欠損した歯を人工的に補うものなので、若い佐藤健さんはまだ必要ないのではないでしょうか。

ただ以前のようなガタガタの歯並びでは歯が磨きにくく、歯周病や虫歯のリスクが高まって歯を失いやすい傾向にありました。

今は歯並びがキレイになって、磨きやすく自分でもケアがしやすいと思います。

そして佐藤健さんですから、高い被せ物の歯を入れていると思うので、メンテナンスも入念行い定期検診にも通いキレイな歯をキープしているのでしょう。

年明けには新しいドラマが始まりますから、2020年もますます佐藤健さんのイケメンぶりが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました