菅田将暉の歯&口元を昔と今の出演作品で比較!歯科矯正やインプラントはしているのか?

俳優

2008年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで、ファイナルの12人選ばれた俳優の菅田将暉さん。これがきっかけで、芸能事務所に所属が決まり、みるみる人気となり今ではドラマに映画と大忙しです。

そんな人気俳優の菅田将暉さんが、昔と今ではどのように口元が変わったかを、出演作品で比較していきたいと思います。

菅田将暉の昔の出演ドラマでの歯&口元

菅田将暉さんの写真ですが、クールな表情の物が多く歯が写っている画像が少なく分かりにくいですが、昔と今では多少変化があります。

この昔の写真からは上の前歯が出ていて(出っ歯気味)、その前歯の黄ばみも気になります。

中央の歯が特に歯の黄ばみが目立つため、この歯は差し歯かもしれません。

差し歯の被せ物が古くなって、変色した可能性があります。

その右隣りの歯は、、黄ばみと共に黒っぽく変色しているので神経が無い歯かもしれません。

ドラマ『仮面ライダーW』のフィリップ役での歯と口元

2009年~2010年にかけて放送された「仮面ライダーW」で、菅田将暉さんは、ダブル主演として作品に出ています。

仮面ライダーでは初の連続ドラマ主演となり、劇場版にも出演し映画デビューを果たしました。

仮面ライダーWに出演してからは仕事が増え、その存在感と独特の雰囲気で一気に人気俳優へと駆け上りました。

芸能界でのドラマ・映画の活躍の始まりは、全て仮面ライダーからだったんですね。

この頃の歯は以前と変わらず、前歯が出ていますが歯の黄ばみは無くなったかのように見えます。

黄ばみを治すだけで、随分と印象が変わったように見えます。

歯並びは変えずに、歯の被せ物だけ新しい物に交換したのかもしれません。

ドラマ『獣医ドリトル』での歯と口元

2010年に放送した「獣医ドリトル」では、前歯の黄ばみが無くなっているの画像からはっきりと分かります。

透明感のある白い歯で、作り物とわからないほど自然でキレイなので、保険外治療で高い歯を入れた可能性があります。

神経が無いかと思われる黒く変色した歯も、きれいな白い色になっているのでこちらも一緒に治療して被せ物をしたのだと思います。

歯並びは以前と変わっていませんが、歯の黄ばみが取れただけで隣りの歯と調和して、とてもキレイに見えます。

菅田将暉の最近の出演ドラマでの歯&口元

2011年からはドラマの出演数が40近くあり、大忙しの菅田将暉さんですが歯の色は変わらず白くキレイにしたままです。

菅田将暉さんは顎が小さく小顔なので、歯が顎に納まりきらず前歯が出てしまったのかと思います。

しかし酷い出っ歯ではないので、唇が閉じれなことも無くクールな印象が作れるのだと思います。

出っ歯が酷い場合は歯、歯が前に出ているせいで唇が閉じられず、いつもポカンと口が開いている人が多いのです。

これでは、クールなかっこよい役柄も決まらないですよね。

菅田将暉の歯は横から見ると、上前歯が出ているのが多少気になりますが、歯の矯正までは必要なく歯の色の方が気になったのかと思います。

ドラマ『3年A組 今から皆さんは人質です』での歯と口元

こちらのドラマは記憶に新しく、2019年1月から3月まで放送されていた菅田将暉さん主演の大ヒットドラマです。

ミステリアスな高校教師を熱演したサスペンス学園ドラマなため、笑う事が少なく口元が見えずらかったのですが、画像を見る限り歯の矯正をしている感じには見えません。

歯の色も変わらずキレイなままで、クールでミステリアスな役には菅田将暉さんの印象に合っています。

役柄の為に体重を落としたそうで、顔の肉が取れてほっそりしたため、骨格がより目立ち顎が小さいのが良く分かります。

小顔の菅田将暉には、顎が小さすぎて歯が並びきらないのと、歯が少し大きめにも感じます。

歯がキレイに並ぶスペースが無いのかと思われます。

芸能人が多くする矯正の一つととして、歯を削って被せ物で歯並びと歯の色を治すセラミック矯正があります。

一般的な矯正と比べ短期間で終わる為、クイック矯正とも言われていますが菅田将暉さんはセラミック矯正はしていないでしょう。

ドラマ『dele』の歯と口元

山田孝之さんとダブル主演したドラマ「dele」では、主演男優賞を受賞して輝かしい活躍をしています。

優しそうな雰囲気の画像で、歯の色はキレイなままなので口元の印象はとても爽やかです。

こちらの画像は上下の歯が見えやすく、下の歯は天然歯と思われ過去に被せ物をしたり矯正をした感じは見られません。

上の歯だけが過去に虫歯等で治療したため、差し歯のような被せ物をしていたのだと思います。

俳優さんは口元が汚いと印象も随分変わってきますが、菅田将暉は黄ばみを無くすだけでも爽やかでクールな印象を作れて、ますます色んな役柄に挑戦できるのではないでしょうか。

新しく上の前歯の被せ物を変えてからは、菅田将暉さん自身で日頃からお口ケアを欠かさず努力して歯の白さをキープしているのが伺えます。

菅田将暉の歯並びや歯の色は?

昔は前歯の黄ばみが気になっていた菅田将暉さんですが、テレビ出演が増えてきたため歯の被せ物は早期に治したと思われます。

歯並びも昔に比べて、少し出ている感じが目立たなくなっている気もします。

これは矯正をしたのではなく前歯の被せ物を新しく治した時に、出来る範囲で上の前歯の突出を抑えたのだと思います。

横から見ると上の歯はキレイなアーチ状に並んでいなく、前歯が2本が多少出ていますが正面から見る限りあまり気にならないでしょう。

菅田将暉は歯ぎしりがひどい?

菅田将暉さんの歯を見ると、歯が平らに真っ直ぐになっているのが分かります。

これは間違いなく、歯ぎしりをしている証拠です。

歯はもともと先端部が山のようになっていますが、歯ぎしり等で削れて平らになってしまいます。

菅田将暉さんの歯は画像で見えるところ全てが平らになっているので、日常的に歯ぎしりをしているのではないでしょうか。

歯ぎしりのほとんどは寝ている時に行われます。

無意識の状態なので自分ではコントロールできなく、止める事が非常に難しいのです。

「ギリギリ」と音が鳴る歯ぎしりのメージが強いかと思いますが、実際は強い力で噛みしめる方がほとんどです。

歯ぎしりの原因は、疲れやストレスが多く関係します。

須田将暉さんは非常忙しくストレスも溜まりやすいので、歯ぎしりも多くなってしまうのかもしれませんね。

菅田将暉はインプラントや歯列矯正はしているのか?

テレビや写真からは、菅田将暉さんの奥歯まで見えないので分かりにくいのですが、インプラント治療や矯正はしていないと思われます。

前歯の歯並びが昔と比べて、少し良くなっている感じはありますがこれは、新しい被せ物をした時に歯の形とできる範囲で前歯が出ているのを治したのでしょう。

少し治すだけで口元の印象が大きく変わり、ますます菅田将暉さんの顔立ちの良さが増します。

菅田将暉さんは顎が小さくとても小顔なので、矯正をするのであれば歯を抜いて歯並びを整える事になると思います。

一般的な矯正は歯に器具を付け動かす際に痛みが生じた、、器具のせいで話にくくなるので俳優さんには矯正は大変なのかもしれません。

ドラマや映画に頻繁に出演する菅田将暉さんですから忙しくて、じっくり時間をかけて矯正する時間が無いのかもしれませんね。

昔に比べて歯がキレイになった菅田将暉さんの、活躍がこれからも非常に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました