戸田恵梨香は歯列矯正、歯茎手術はしていない?歯医者が評論!

女優

戸田恵梨香さんといえば、現在朝ドラ『スカーレット』の主演でもあり女性陶芸家、川原喜美子の波乱の人生を演じていることで有名です。

私も医療に携わる人間として、特に2008年から長期に渡って放送された『コードブルー』での名演技は目を離せないほど釘付けになったものです。

しかし、目が離せなくなれば離せなくなるほど笑った時の彼女の歯茎が気になる…

そこで今回は戸田恵梨香さんの歯茎、通称『ガミースマイル』について現役歯科医師として評論したいと思います。

戸田恵梨香の最近の出演ドラマの歯

映画やドラマで見ない日はないほど人気女優である戸田恵梨香さん。

一体彼女はいつごろから芸能活動をしているのでしょうか?

少し調べてみました。

小学生の頃から芸能活動を開始し、中学卒業までは関西の芸能事務所に所属していたが、現事務所フラームにスカウトされ中学卒業を機に上京。

2003年、『週刊ヤングジャンプ』の「制コレ’03」にエントリーし、受賞はならなかったがそのままメンバーに。

2005年、第26回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンモデルに選ばれる。

また、同年10月、キャンペーンとタイアップした企画として、ビクターエンタテインメントから初主演のDVDショートドラマ「Calling you」が発売された。

2006年6月公開の『デスノート』で映画初出演。

2018年、日本人で初めてフランスの化粧品ブランド『ランコム』のミューズに就任した。

2019年後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインを務める。

随分若い時から芸能活動をしているのですね。

ということは彼女の口元について過去の資料をさかのぼっていくともっと詳しく分かるのかもしれません。

そこで、最近の彼女の資料から見ていきましょう。

 

大河ドラマ『スカーレット』での歯&口元

笑った時に、上の歯の歯茎が見える方を全員『ガミースマイル』とは言いません。

笑った時に歯茎がちょうど見えない、もしくは1~2mmほど見えるのが通常です。

そこで現在放送中の『スカーレット』での彼女の写真を見てみましょう。

戸田恵梨香さんの場合は2mm以上歯茎が露出しているので、彼女はガミースマイルと言えます。

隣の大島優子さんは平均的な歯茎の見え方なので、比較すると分かりやすいですね。

ただ、必ずしもガミースマイルが悪いものというわけでもなく、年齢を重ねれば重ねるほどに上唇は垂れ下がり、歯茎はだんだんと見えにくくなってきます。

私たち歯医者は口元を見て、ある程度の年齢を当てることができます。

矯正治療や入れ歯の治療をするにあたって、年齢を考慮した上で、入れ歯の歯茎の見え方の設計を変更したり、矯正治療を行っていきます。

笑った時に歯があまり見えないように口唇が垂れ下がっているのは高齢者の笑顔の特徴です。

つまり、歯茎が出て、はつらつとしている状態は若さの証拠でもありますね。

ガミースマイルであることには変わりませんが、学生服とマッチして若々しい印象がありますね。

 

ドラマ『崖っぷちホテル』での歯&口元

こちらは『崖っぷちホテル』での戸田恵梨香さんです。

ホテルの総支配人として演じた彼女のオフショットのようですが、お隣の川栄李奈さんの歯茎の露出度からすると、確かにその当時でもガミースマイルであったことには変わりません。

ただ、お二人とも歯並びの整った素晴らしい笑顔です。

 

戸田恵梨香の過去の出演ドラマの歯

最近の出演ドラマでは、歯茎に注目してみるとやはりミースマイルのようですが、昔から変わらないようなのでしょうか?

そういえば、映画『デスノート』のミサミサ役での戸田恵梨香さんはとても可愛らしかったのは覚えているけれども、その当時はガミースマイルなんて気にならなかったなぁ…

そこで彼女の過去の出演作の画像を見て考察したいと思います。

 

ドラマ『野ブタをプロデュース』での歯&口元


ご存知、『野ブタをプロデュース』での戸田恵梨香さん。

相変わらず天使のような笑顔であることには変わりないけど…あれ?歯茎が出てないぞ?

実は放送当時はまだ10代の彼女。

10代といえば自分の容姿に対して他人が思うよりも人一倍気になるところ。

ガミースマイルが気になるといって来院される患者さんは圧倒的に10代の女性が多く、彼女も自身の口元にはかなり気を使っていたと考えます。

ガミースマイルの方はその笑顔を気にするあまり、笑う時に口元を手で隠したり、歯茎が必要以上に見えてしまわないよう控え気味に笑うようにするケースが多いです。

彼女の場合も10代の時は特に気になったのかもしれませんね。

 

ドラマ『たったひとつの恋』での歯&口元

このころの戸田恵梨香さんはそもそも歯を全開に出して笑っている画像が少ないです。

宣伝写真も控えめの笑顔だし、少し寂しいような…

まあ、放送当時もやはり10代後半。

やはり気にしていたのかもしれませんね。

 

戸田恵梨香のガミースマイルで歯茎がでている?

さて、ここからは具体的にガミースマイルについてお話しましょう。

そもそもなぜ、ガミースマイルの人ガミースマイルでない人が存在しているのでしょう?

そしてガミースマイルに対する治療はあるのでしょうか?

 

戸田恵梨香は歯茎の矯正はしていない

ガミースマイルの治療法は実はたくさん存在します。

  1. 歯周外科治療:歯の長さに対して歯茎の見える率が高いため、歯茎を切り取り歯が見える率を高める方法
  2. 矯正治療:前歯が前下がりとなり歯茎が見えすぎてしまうため、前下がりの歯茎を矯正治療で引き上げる方法
  3. 骨切りを伴う外科治療:前下がりの歯茎を上顎ごともちあげる方法

1.→3. の順にガミースマイルの改善度が高いですが、もちろんそれぞれの利点・欠点があります。

骨切り手術はタレントの有村藍里さんがまさしく行った手術ですね。

また、矯正治療を行っていたとすると、ちまたで話題のマウスピース型矯正治療や歯の裏側に装置をつける裏側矯正治療だと、歯並びを整えることはできても前歯の前下がりを引き上げることはできないので、必ず歯の表面に装置が装着されます。

彼女にそのような既往が見受けられないため、矯正治療を行った可能性は低いと考えられます。

ただ、ガミースマイルは実は病気ではなくあくまでも個人の特性です。

ガミースマイルであるからといって食べ物が食べにくかったり、歯が磨きにくいといったことは一切ありません。

そのため、保険の効かない審美的な治療となってしまうのです。

前述した通り、年齢を重ねると自然と口唇が垂れさがってくるため、実はどの程度まで治療をするべきなのか難しい問題でもあります。

 

戸田恵梨香はガミースマイルを笑顔トレーニングで修正した

とはいえ、戸田恵梨香さんのドラマや映画での出演シーンを見てみても、ガミースマイルが目立つときとあまり目立たないときの差があるように感じます。

これは前述したとおり、彼女は若いときから自身の笑い方に気を配っているのだと思います。

それは10代の頃はただ歯茎の見え方に配慮していただけだったのかもしれないけれども、年を重ねる内に例えばはにかんで恥じらうシーンがあれば控えめに笑う、明るいシーンでは歯を見せて大きく笑う…

若いときに笑い方に気を付けていたからこそ、シーンによって笑い方を変えることができる素晴らしい女優さんになられたのかもしれませんね。

今後も戸田恵梨香さんのますますのご活躍を期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました